審査について

消費者金融のキャッシングなどもそうですが、銀行についてもローン、キャッシングという時には、必ず審査があります。この審査に通らない限り、どんなに月給をもらっていても返済する力があるとしても、借り入れをすることはできません。書類などを提出して、その上で審査をかけて、そこでよしとなれば消費者金融の場合、総量規制にそって年収の1/3まで借り入れることができます。審査におちればそこで借入できませんし、同じ消費者金融系では借り入れが難しいかもしれません。

審査というのはどういうことなのか、というと、借り入れを行う方の属性を審査するという事です。属性というのは、年齢、勤務先、住居は賃貸なのか持家、マンション等なのか、扶養家族がいるか、勤続年数はどのくらいなのかという事、さらに経済的な属性として、クレジットカードの利用状況や住宅ローンの支払い状況、その他、債務等についての利用履歴、もしも金融トラブルがあればそのトラブルや遅延状況などです。

こうしたことを審査するために利用するのが個人信用情報機関という所です。ここには債務に関する履歴が全て掲載されています。個人信用情報機関に審査を行う事で経済的に問題が名かどうかを確認し、実際に貸し付けてもいいかどうかを判断するのです。

現金が必要という時頼りになる消費者金融

生きていると色々なことがあります。いきなり病気になったり、怪我をしたり、保険に加入してればいいのですが、加入していなければ急ぎ、医療費が必要となります。そのほか、トラブルが起きてどうしても現金が明日!必要という事もあります。そういう時、力になってくれる銀行などがあるでしょうか。

そんな時頼りにしたいのは金融機関ですが、銀行でお金を借りようと思えば所得証明に身分証明、さらに記入しなければならないこともたくさんあり、それから審査を行って借り入れができるどうか・・・結局1週間程度かかります。

明日、お金が必要という時にこんなに時間がかかってしまってはどうしようもありません。また審査を受けてもその時の経済状態などによって通らないこともあります。そうなると友人や知人から借金という事も考えますが、お金の問題は友人関係を簡単に壊します。支払うつもりでいたけれど、友人がやさしいからと返済を伸ばしていれば、信頼を失います。

こういう時こそ、スピーディな借り入れができる消費者金融がいいでしょう。銀行の審査に通過しなかった人も消費者金融の審査には通過する可能性もあります。初めてという方でも問題がなければしっかり融資してくれますので、急ぎという時には消費者金融が一番でしょう。

当サイトは今多くの人が利用するようになった消費者金融について「はじめて借入する」という方にその流れ、利用の仕方などを紹介します。当サイトが皆様のお役にたてたら幸いです。