主婦も借り入れできる

専業主婦の方は、収入がないという事になり、配偶者の同意のもと消費者金融の借り入れを行う事が出来ます。パート、アルバイトなどを行っていて、毎月一定の収入があるという場合、より借りやすくなります。収入がなく、配偶者の同意を得ることが出来ないという方は、消費者金融よりも銀行のカードローンなどの方が審査を通過しやすいです。銀行は総量規制対象外(銀行法になるため)となるので、貸付してくれる所もあるでしょう。

総量規制は、貸金業者に適用する法律で、銀行法に沿って貸し付けを行う銀行は対象外です。そのため、収入のない主婦でも銀行からの借り入れはできます。銀行によって貸し付け条件などがあります。その条件の中に、本人に収入があるという事が条件となっている場合、銀行でも貸付できません。

収入があり配偶者の同意を得る事が出来るなら、同意書の提出によって消費者金融のキャッシングが可能です。アルバイトやパートの方はそのまま審査という事になります。金利が銀行のキャッシングよりも高くなりますが、自由度という点においてまた急ぎで即借り入れたいという場合などは、消費者金融の方がずっとスピーディで借入しやすいです。ただ、専業主婦でも夫の同意があれば借り入れできるので、同意を得て申し込みしてみましょう。

申し込みから借り入れまでの流れ

消費者金融で借り入れをしたいという場合、正社員ではなくても、アルバイト、パート、契約社員等、継続的に一定の収入があれば借り入れができます。もちろん審査に通過する事、属性等によって判断されますが、借り入れを行ったことがないという人の場合、審査に通過できるでしょう。

申し込みは電話、ファックス、インターネット、店頭などから行う事が出来ます。現在、一番スピーディに借り入れができる方法としては、インターネットと店頭です。店頭の場合、窓口で書類に記入を行い、審査を受けて通ればその場で貸し付けしてくれます。また無人契約機もその場でカードを作る事が出来、借り入れ可能です。

インターネットでは、申し込みのページに必要事項を入力し、その後確認の連絡が来ますので、その連絡に対応し、免許証や保険証などの身分証明書をファックスする、若しくは写メで撮影し送ることで、審査ができます。審査に通過すると連絡が来ます。そこで振込先の口座などを確認されますので、お急ぎの場合、その口座に振り込みをしてもらえます。

午前中に申し込みを行えば、早い場合その日の午後に借入可能となり、口座に振り込みをしてもらえます。無人契約機などがない場合、インターネットでの申し込みが手間もなくスピーディでしょう

関連HP・・・消費者金融