主婦も借り入れできる

専業主婦の方は、収入がないという事になり、配偶者の同意のもと消費者金融の借り入れを行う事が出来ます。パート、アルバイトなどを行っていて、毎月一定の収入があるという場合、より借りやすくなります。収入がなく、配偶者の同意を得ることが出来ないという方は、消費者金融よりも銀行のカードローンなどの方が審査を通過しやすいです。銀行は総量規制対象外(銀行法になるため)となるので、貸付してくれる所もあるでしょう。

総量規制は、貸金業者に適用する法律で、銀行法に沿って貸し付けを行う銀行は対象外です。そのため、収入のない主婦でも銀行からの借り入れはできます。銀行によって貸し付け条件などがあります。その条件の中に、本人に収入があるという事が条件となっている場合、銀行でも貸付できません。

収入があり配偶者の同意を得る事が出来るなら、同意書の提出によって消費者金融のキャッシングが可能です。アルバイトやパートの方はそのまま審査という事になります。金利が銀行のキャッシングよりも高くなりますが、自由度という点においてまた急ぎで即借り入れたいという場合などは、消費者金融の方がずっとスピーディで借入しやすいです。ただ、専業主婦でも夫の同意があれば借り入れできるので、同意を得て申し込みしてみましょう。