審査について

消費者金融のキャッシングなどもそうですが、銀行についてもローン、キャッシングという時には、必ず審査があります。この審査に通らない限り、どんなに月給をもらっていても返済する力があるとしても、借り入れをすることはできません。書類などを提出して、その上で審査をかけて、そこでよしとなれば消費者金融の場合、総量規制にそって年収の1/3まで借り入れることができます。審査におちればそこで借入できませんし、同じ消費者金融系では借り入れが難しいかもしれません。

審査というのはどういうことなのか、というと、借り入れを行う方の属性を審査するという事です。属性というのは、年齢、勤務先、住居は賃貸なのか持家、マンション等なのか、扶養家族がいるか、勤続年数はどのくらいなのかという事、さらに経済的な属性として、クレジットカードの利用状況や住宅ローンの支払い状況、その他、債務等についての利用履歴、もしも金融トラブルがあればそのトラブルや遅延状況などです。

こうしたことを審査するために利用するのが個人信用情報機関という所です。ここには債務に関する履歴が全て掲載されています。個人信用情報機関に審査を行う事で経済的に問題が名かどうかを確認し、実際に貸し付けてもいいかどうかを判断するのです。